医療法人仁永会 札幌ファースト歯科クリニック

お電話でのお問い合わせ 011-669-6480

e歯医者確認済み

■一般歯科・小児歯科

■一般歯科
虫歯や歯周病の治療や歯牙欠損部の補綴(おぎなうこと)を行います。 歯医者さんに行って受ける、いわゆる“普通の治療”全般にあたります。 当院では虫歯を治療するだけでなく、虫歯を予防することにも力を入れています。

■小児歯科
お子様の虫歯・歯周病の治療と予防、歯並びの治療などを行います。 治療以外にも、定期診査によって成長・発達の途上にあるお子様の歯と口腔の病気や異常の予防も行っていきます。

■インプラント治療

インプラント治療

インプラント治療では、事故や歯周病など何らかの原因で歯を失ってしまった場合に、人工の歯根と人工の歯を作成して失った歯を補う事が出来ます。
骨に人工の歯根を埋め込みますので慣れるまで多少違和感を感じることもありますが、その期間を過ぎれば、自然の歯に匹敵する機能が得られます。
人が物を噛むときの力は想像以上に大きいものですが、インプラントであれば骨に固定されているため一般的な入れ歯のようにガタつくことがありません。
また、歯冠の色や形も最新の歯科技術によって自分の歯と同じように作ることが可能です。

■インプラント治療の流れ
1.カウンセリング
レントゲンなどによって十分な診断の後、インプラント治療に関する説明を受けます。 インプラント治療は専門のトレーニングを受けた歯科医師のみが行います。 十分な審査と綿密な治療計画を立てた上で、患者さんに合わせた治療をすすめていきます。

2.インプラントを埋め込む
局部麻酔のもと、顎の骨にチタン製のインプラントを挿入します。このインプラントが 新しい歯の土台となります。

3.治療期間
インプラントと骨が結合し安定するまで約5~10週間待ちます。 (骨の状態など様々な条件によって期間が異なります)この間は、仮の義歯を使用することができます。

4.アバットメント連結
インプラントが完全に顎の骨と結合したら、アバットメントを連結します。 この状態で 歯肉が治癒するまで、個人差はありますが、1~6週間待ちます。

5.歯の装着
インプラントのヘッドに医療用セメントを用いて、歯を装着します。これでインプラント治療は一応終了となります。 装着したインプラントを長持ちさせるためには治療終了後の定期的な検診とホームケアなどのアフターケアが大切になります。

■アフターケアについて
インプラントを入れた後のケアは、本物の歯と同様に日々の正しいブラッシングと定期検診が非常に重要です。
定期検診ではインプラント・歯茎の状態、咬み合わせなどを確認します。歯周病などのリスクを回避するためにも、定期検診は必ず受診してください。

■矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科(歯列矯正)治療とは、歯の位置を動かし、歯並びや噛み合わせを治す方法です。専門の矯正器具を使用して歯を正しい位置にゆっくりと動かしていきます。
歯並びが悪ければ咬み合わせも悪いので、全身の健康に大きく影響を与えます。矯正治療をすることで歯並びや咬み合わせが改善され、虫歯や歯周病の予防となるだけでなく、全身の健康にも良い影響があります。

お子様の虫歯・歯周病の治療と予防、歯並びの治療などを行います。 治療以外にも、定期診査によって成長・発達の途上にあるお子様の歯と口腔の病気や異常の予防も行っていきます。

■矯正歯科の流れ
1.初期相談(カウンセリング)
お口を拝見し、矯正治療の概略や可能性についてご説明します。納得のいくまで、ご相談ください。

2.精密検査
より詳しい情報を知るための検査として、診断に必要な歯の型、顔や口の中の写真、レントゲン写真、その他の診断用資料の検査を行います。

3.診断
検査結果をもとに治療プランを詳細にお話いたします。患者様に十分なご説明をさせていただき、患者様のご希望をお聞きした上で適切な治療方針を決めていきます。 診断の結果にご納得頂いた上で受診されるかどうかをご判断いただきます。

4.歯磨き練習
矯正装置をつけると、歯磨きが難しくなります、そのために口腔衛生について徹底した説明をいたします。
(矯正装置装着後も歯磨き指導を定期的に行います。)

5.装置装着
一般的に初めの数回は装置を取り付けるため、少なくとも60分~120分ほどのお時間をお取りしています。

6.治療開始
治療の内容によりますが、(症例の内容や個人によって異なりますが、成人の場合1.5-2.5年かかります)その後の調節は、ほとんどが30~50分程度となります。 通常は3~6週間に1回のペ-スで通院が必要となります。 定期観察の場合は、2~6ヶ月に一回通院していただきます。

7.保定治療
装置が取れた後の歯は、何もしなければ少しずつ動いてしまいます。動かした歯を支える骨や歯周組織が安定するまで、保定装置を装着します。 通院は2~6ヶ月に1回となります。

■審美歯科・ホワイトニング

審美歯科・ホワイトニング

審美歯科とは、歯を白くするだけではなく、事故で欠損した歯を他の歯と変わりなく治療したり、目立ってしまう詰め物を目立たない詰め物にしたりと、総合的な歯の美しさを修復する治療のことを言います。
保険外治療が多いものの、治療後の満足感は格段にあがるはずです。

■ラミネートベニア
ラミネートベニアは、歯の表面を0.5ミリくらい削りその上に薄いセラミックを、付け爪のように張り付けてしまう方法です。 適応症としては、歯が黒ずんでいたり、前歯にすき間が空いている場合です。このような場合にはホワイトニングでは、効果が期待できません。 また、同時に歯の形を美しく変えられます。2~3回の通院で仕上がります。

■セラミッククラウン
オールセラミックスは、セラミック(陶材)製の単体のかぶせもののことです。 これは、歯を約1~1.5mmほど削り、その上にセラミッククラウンをかぶせることで、歯並びやかみ合わせだけでなく、見た目も美しく変えます。 つまり、短期間で美しい口元に変えたいという方に適した治療法と言えます。 使用するセラミックは、天然歯と同じくらいか、それ以上の強度がある陶材なので、金属アレルギーの心配がありません。また、変色がなく透明感があります。

■メタルボンド
金属で出来たクラウンに陶器を焼付けて作ります。最もポピュラーな歯の治療法です。セット後の満足度が高い治療法です。 「メタルセラミック(メタルボンド)」で作る場合に使用される陶材です。

■レジン
レジンという一種の樹脂を、虫歯を削って詰めるやり方です。色の変色が問題となる事がしばしばあります。 やりかえが容易なので、気にならない程度に改善する事が可能です。

■セラミックインレー
セラミックインレーとは、セラミック(陶材)製の詰め物のことです。虫歯治療後などの金属の詰め物が気になる方や、虫歯治療をした部分を埋める場合に用います。 セラミックインレーは、ご自身の歯と同じ色で作製されるため、歯の自然な美しさに仕上がります。治療費は、やや高くなりますが、詰めた部分の仕上がりが美しく、変色がないので、自然な仕上がりを求める方にはお勧めです。

<ホワイトニング>
ホワイトニングは、専用の薬剤を歯の表面に塗布して歯を白くする方法です。
コーヒー・紅茶・赤ワイン・タバコのヤニなどが原因で生じたステイン(着色汚れ)を取り除きます。

■歯が白くなる仕組み
ホワイトニング剤には、歯の色素を分解して歯の色を白くする作用と、黄ばんだ歯の内面を隠すことによって歯の色を白くする作用があります。
ホワイトニング剤の主な成分は過酸化尿素や過酸化水素です。過酸化尿素や過酸化水素は、ホワイトニングに使用すると、酸素と水に分解されます。
歯は、黄ばみをおびた象牙質を白くて半透明のエナメル質がおおってできています。歯の色は、エナメル質の透明感によっても決まります。 エナメル質が透明であるほど、内側の象牙質の色が透けて、歯が黄ばんでみえます。
ホワイトニング剤から分解されてできた酸素は、透明感のあるエナメル質を曇りガラスのような状態にすることによって、黄ばんだ象牙質を見えにくくします。
この分解されたときに生じた酸素が歯の色素を分解して、ホワイトニング作用を発揮します。
札幌ファースト歯科クリニックでは、一人でも多くの方に白い歯の喜びを感じていただきたいと考えておりますので、ホワイトニングの費用は最低限に抑えております。 ホワイトニングの薬剤の成分は、どの歯科医院さんでも大差はありません。
エステサロンに通うように気軽に定期的に受診していただければと思います。

■訪問診療

訪問歯科とは、お年寄りやお体の不自由な方など、通院が困難な方のために、歯科医師がご自宅に訪問して歯科治療をおこなう医療サービスです。 基本費用は医療保険が適用されるほか、介護保険も適用されます。
お気軽にお問い合わせください。

※訪問歯科診療の保険適用について
◆健康保険
一般の医療保険の一部負担金と同じ取扱いになります。

◆老人保健
医療費の一割(または三割)が一部負担となります。
一般所得者の医療費負担総額上限12,000円(一割負担の方)を超えたものについては「償還払い制度」により、市町村から超過分の償還払いを受けられます。

◆障害者・生活保護
各市町村の減免と同じ取扱いになります。

◆介護保険
訪問先が住宅の場合、居宅療養管理指導費が介護保険の適用範囲内となります。